bicycle5

ブログランキング・にほんブログ村へ

折りたたみ自転車は

どうやって選んでますか?

 

 

見た目や有名ブランド

でもいいですが、

 

 

折りたためることを活かし

重量で選ぶことを

おすすめします。

 

 

理由は災害に対する

備えにもなるためです。

 

 

公共交通機関が自然災害

の影響でとまって

しまった場合、

 

 

個人の移動手段は

徒歩、バイク、車、自転車、

のいずれかに

なってくると思います。

 

 

安全第一ではありますが

どうしても移動したい、

 

 

あるいはもう少し早く移動

できれば、と感じたことは

ありませんか?

 

 

そんなとき

折りたたみ自転車があれば

 

 

もう一つの移動手段に

できるかもしれません。

 

 

さっそくですが筆者の経験

とともにその理由について

みていきましょう!

 

免責事項

当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

本記事は防災・減災についてのアイデアや工夫、筆者自身の経験をもとに役立つであろうことを紹介するものであり、

すべての自然災害やあらゆる状況に対応できるわけではありません。災害の状況に応じて安全第一で行動しましょう。

 

 

折りたたみ自転車を災害で活用する

 

それは屋内や車内に保管しておく

ことでいざというときの

移動手段とするためです。

 

 

そのメリット、デメリットに

ついて整理してみました。

 

メリット

 

  1. 道路が渋滞して車が動かないときなどの緊急の移動手段となる(歩道では自転車からおりて押し歩きましょう)
  2. 屋内や車内に保管しておくことで劣化や破損を防ぎ、初動のトラブルを抑制できる

 

デメリット

 

  1. 重いと持ち運びしにくい
  2. 災害時の場合、複数人同時の移動は困難

 

    大型台風でのとあるできごと

     

    これは筆者が実際に経験

    したことです。

     

     

    とある大型台風が

    夜中に直撃し、

     

     

    すぎ去った朝方、

    外を確認すると・・・、

     

     

    駐車場の外壁ははずれ、

    店の看板は道路で

    こなごなになって

    散乱していました。

     

     

    ぎりぎり自宅や

    車への直接的な被害は

    ありませんでしたが、

     

     

    ひと区画ちがう場所は

    停電しているようでした。

     

     

    少し大通りの様子を

    見に行ってみると

     

     

    大渋滞発生中、これ動くの?

    って感じでした。

    信号も光ってないのあるやん。

     

     

    こんな状態でしたが午後

    からはどうしても仕事に

    行かなければならず・・・。

     

     

    ひとまず周辺や道路の

    被害状況について調べ、

     

     

    どうやら道そのものは

    通行できそうであることを

    確認しました。

     

     

    考えた結果、

    壊れかけの自転車を

    引き起こし、

     

     

    応急処置をほどこして

    出勤しました。

     

     

    こんなときにふと思ったのが、

     

     

    折りたたみ自転車を屋内に保管し、

    いざというときに使えるように

    しておけば安心だなと感じました。

     

     

    ただ業種・職種にもよるか

    とは思いますが、

     

     

    冷静に考えると自然災害が

    発生したにもかかわらず

    出社する、というのは

     

     

    できるかぎりさけたほうが

    よいですよね。

     

     

    まず安全第一で家族や

    自分の安全を

    確保することが先決です。

     

     

    また電車通勤のかたは

    公共交通機関の復旧を待つか

    友人知人に送ってもらう

    しかないですし、

     

     

    屋内駐輪場に

    自転車を止めている場合や、

    一軒家のかたはこんなことは

    ないかもしれません。

     

     

    災害に備えていても自然災害は

    いつどこで起きるかわかりません。

    ですが私たちは自然災害に対し

    想定し備えることしかできません。

     

     

    そこで

    災害への備えの一つとして、

     

     

    折りたたみ自転車を用意、

    あるいはふだん使いでも、

    使用するのは

    いかがでしょうか?

     

     

    折りたためば

    通常の自転車よりも保管やすく

    なるので、

     

     

    いざというときのために

    備えておいて

    損はないと思います!

     

    具体的な活用方法・対策

     

    それでは折りたたみ自転車の

    具体的な活用方法について

     

     

    メリット・デメリットから

    順番にみていきましょう。

     

    メリットを活かそう

     

    まずはメリットのほうから。

    道路が渋滞して車がうごかないときなどの緊急の移動手段となる(歩道では自転車からおりて押し歩きましょう)
    • すぐに使えるようにタイヤの空気量のチェック、チェーンやブレーキのチェック等、定期点検やメンテナンスをしておきましょう。

     

    屋内や車内に保管しておくことで劣化や破損を防ぎ、初動のトラブルを抑制できる
    • 他人の手のとどかない場所で保管し無用な故障やトラブルを未然に防ぎましょう。
    • 保管場所はあらかじめ決めておき、むやみに移動させないようにしましょう。

     

    デメリットをできるだけ取り除こう

     

    つづいてデメリットについて、

    重いと持ち運びしにくい
    • 可能なかぎりすぐに持ち出せる場所においておきましょう。
    • できるかぎり軽量な折りたたみ自転車を購入しましょう。(後述)
    災害時の場合、複数人同時の移動は困難
    • 使用する代表者をあらかじめ決めておきましょう。
    • 代表者不在の場合も考慮し、代理で使用する人や使用する順番を決めておきましょう。

    おすすめの折りたたみ自転車

    折りたたみ自転車の重量と持ち運びやすさの目安

     

    折りたたみ自転車の

    平均的な重量は14kgほどです。

     

     

    軽い部類に入ってくるのは

    13kgをきるくらいからです。

     

     

    新品で安いものになってくると

    たいてい16Kgほどあり重いです。

    (ママチャリレベル)

     

     

    重さ(Kg) 重さの程度
    ~12.9 軽い

    (一般の成人男性が片手でも

    持ち運びできる領域)

    13.0~14.9 平均的

    (一般の成人男性が両手を

    使って持ち運びできる領域)

    15.0~ 重い

    (一般の成人男性が両手を使えば持てるが、

    高低差のある場所で持ち運ぶのは

    困難になってくる領域)

     

    折りたたみ自転車の重量と価格の目安

     

    価格は有名ブランドか

    どうかも関わってきますが、

     

     

    一般的な重量と新品の価格の

    目安についてまとめました。

     

    重量(Kg) 重さ分類 新品価格(¥)
    ~12.9 軽い 25,000~
    13.0~14.9 平均 20,000~
    15.0~ 重い 10,000~

    *自転車のサイズは考慮しておりません。最安値付近からの価格を記載しました。(2020年8月 筆者による価格.com調べ)

     

     

    有名どころは

    それ相応の価格ですが、

     

     

    13Kgをきって¥20,000代とか、

    ひと昔とくらべ

    ほんと安くなってます。

     

    おすすめの折りたたみ自転車

     

    価格はもし壊れてしまっても

    しょうがないと

    あきらめられる価格帯

    であること、

     

     

    重量は持ち運ぶとき

    の運びやすさから考えると

     

     

    おすすめの

    折りたたみ自転車は、

    おすすめの折りたたみ自転車
    • とくにこだわりがなければ有名ブランドでなくてよい
    • 10~12Kgほどの重さの折りたたみ自転車をできるだけ安く購入する。(¥20,000~30,000代で購入可能と思います)

     

     

     

     

    持ち運ぶ際、

    重すぎると思わぬ怪我を

    してしまう可能性もありますし

    体力も余計に削られてしまいます。

     

     

    あと軽量にこだわりすぎると

    ものすごく価格が高くなり

    おすすめできません。

     

     

    平均的な折りたたみ自転車

    の重量(14kg)よりも

    数Kg程度軽いものを買う、

    というのが目安

    になるかと思います。

     

    まとめ

     

    それではもういちど

    整理しておきましょう。

     

    ポイント
    折りたたみ自転車を屋内や車内に保管しておくことで自然災害等いざというときの移動手段とする。

     

    そしてメリットと

    それを活かす方法

    としてはつぎのとおりです。

     

    道路が渋滞して車がうごかないときなどの緊急の移動手段となる(歩道では自転車からおりて押し歩きましょう)
    • すぐに使えるようにタイヤの空気量のチェック、チェーンやブレーキのチェック等、定期点検やメンテナンスをしておきましょう。
    屋内や車内に保管しておくことで劣化や破損を防ぎ、初動のトラブルを抑制できる
    • 他人の手のとどかない場所で保管し無用な故障やトラブルを未然に防ぎましょう。
    • 保管場所はあらかじめ決めておき、むやみに移動させないようにしましょう。

     

    デメリットと

    それをできるかぎり

    取り除く対策は

    つぎのとおりです。

     

    重いと持ち運びしにくい
    • 可能なかぎりすぐに持ち出せる場所においておきましょう。
    • できるかぎり軽量な折りたたみ自転車を購入しましょう。
    災害時の場合、複数人同時の移動は困難
    • 使用する代表者をあらかじめ決めておきましょう。
    • 代表者不在の場合も考慮し代理で使用する人や、使用する順番を決めておきましょう。

     

    おすすめの折りたたみ自転車

    はつぎのとおりです。

     

    おすすめの折りたたみ自転車
    • とくにこだわりがなければ有名ブランドでなくてよい
    • 10~12Kgほどの重さの折りたたみ自転車をできるだけ安く購入する。(¥20,000~30,000代で購入可能と思います)

     

     

    いかがでしたでしょうか?

    すこしでもお役に立てれば幸いです!

     

    最後まで読んでくれてありがとうございました!

     

    この記事が気に入ったら応援、フォローしよう ↓

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    おすすめの記事