kick boxing

ブログランキング・にほんブログ村へ

健康維持、

どんなことをされてますか?

そのための運動として

格闘技に少しでも興味を

お持ちの方、



キックボクシングを

おすすめします!




危ないし怖くて不安、

その悩みを解決すべく、

今回はおすすめ理由と始め方、

ジム選びについてお伝えします。



運動をとおして自分の体調や

からだの使い方、限界がわかると、

無用なケガを防ぐことに

役立ちますよ!




ということで仕事で

脂ののってきた30代、

おなか周りにも脂が

のってきているかもしれません。



健康のために

ダイエットしなきゃ・・・。



そう思っても、

走るだけではつまらない、

筋トレも長つづきしない。




つづけなければいけないという

ストレスもたまる。



なにかストレスも発散できて、

さらにもっと効果を

体感できる運動を始めたい。



そんなことを感じたこと

はありませんか?



筆者もいろいろ考えた時期があり、

やるならストレス発散もできて、

体力と筋力の両方を

同時に身につけられたら

サイコーじゃん、



だってそれがいちばん効率いい。



そこで、

キックボクシングです!



筆者はキックボクシングを

始めて3年目ですが、

今も通いつづけています。



始めたころはまったくの初心者で、

格闘技もジムというものも、

生まれてこのかた

一度も経験したことは

ありませんでした。



最初はいろいろ不安でした。



そんな筆者がなぜ

ここまでつづけられたのか、



それはストレスを発散できて、

おまけに体力や筋力もついて、

健康維持の効果を

体感できているからです。



それではキックボクシングを

おすすめする理由について

くわしくみていきましょう!


キックボクシングをおすすめする理由


sandbag



さっそくですがおすすめする

理由についてお伝えしていきます。


おすすめポイント1 有酸素運動と無酸素運動の両立ができる



酸素を使うか使わないか

ということになりますが、

簡単にご説明すると、

有酸素運動とは

軽~中程度の負荷を継続的にかけておこなう運動のこと

イメージ:呼吸のリズムをくずさずにつづける運動

例:ジョギング、水泳、サイクリング

無素運動とは

強い負荷を短時間に集中的にかけておこなう運動のこと

イメージ:呼吸をとめてふんばる運動

例:筋トレ、ダッシュ


どちらか一方ならやっているかた

いるんじゃないでしょうか。

でもキックボクシングなら

意識せずとも

有酸素運動と無酸素運動の

両方がバランスよく取り込めます。


こんな感じに。

キックボクシングなら有酸素運動と無酸素運動の両立が可能

有酸素運動:構えてリズムをとっているときや移動するとき(フットワーク)

無酸素運動:パンチやキックをするとき(打撃)


これらが瞬間的に交互にくりかえし

継続しておこなわれます。

つまり冒頭でお伝えした通り

キックボクシングを始めれば、


体力(持久力)と筋力の両方が

つけられるんです!




わざわざジョギングと筋トレを

分けて行う必要がありません。



なお細かいことをいうと

「全身持久力」や

「筋持久力」なんかの話も

でてくるのですが、



こちらは健康維持が目的であれば

特に気にする必要はありません。


おすすめポイント2 からだをひねる動きでおなかがひきしまる(ダイエット)



これは筆者が一番体感できた効果です。

働き盛りの30代にはうってつけです。



簡単に消費カロリーを

まとめてみました。



キックボクシングの

消費カロリーは他とくらべて高く、

よりおおきなダイエット効果が

期待できますよ!

種目 消費カロリー(Kcal)
キックボクシング 720
ジョギング 537
水泳 373

調査条件:性別 男性、年齢 30才、身長 170cm、体重 68Kg、運動時間 60分 こちらのイートスマートさんを利用


筆者はもともとやせ型ですが、

キックボクシングを始めたら

さらにウェストがひきしまり、

ピッタリ作ったスーツが

ぶかぶかになってしまいました。



ボクシングとはちがい

キックボクシングは

からだをひねる動作がより多く、

フットワークもあるため

おなか周りや下半身痩せの

効果が期待できます。



またからだをひねるということは

からだの軸がしっかりしていないと

きれいにひねることが

できないことから

自然と体幹も鍛えられます。



つまり、


姿勢がよくなり見た目も

きれいになる

効果が期待できます。




格闘家のスーツ姿って

ものすごくきれいだと

感じたことはありませんか?



見たことない方は

ぜひ一度動画を検索して

ご覧になってみてください。



プロだから、というのは

関係ありません。

あなたもなれるんです!



そしてダイエットといえば、

食事制限が代表的ですよね。



でもそれはけっきょく

健康をそこなう

危険をはらんでいます。



こんなかんじに。

食事制限の危険性
  • 栄養不足になり、肌に負担をかけやすい。
  • そして痩せても健康状態がわるくなり、健康維持という目的から大きく外れやすい。




いっぽう、キックボクシングは

消費カロリーが大きいので

しっかりご飯を

たべなければ動けません。



そうなんです、食べましょう。

むしろガマンする必要なし。

動くために過剰に食べる

必要もありません。

栄養バランスにさえ気を付けて

普段通り食べていれば無問題。




そしてしっかり運動することで

自然と痩せていく効果が

期待できます。


おすすめポイント3 ストレス発散になる


サンドバッグをたたいたりして

普段できない動きで

ストレス発散ができます。



いい大人はイライラしたりしても

モノに当たってはいけません。



ですが、



キックボクシングなら

両手両足で好きなように当たれます。



ランニングや

筋トレでは体験できない、

特別なストレス発散ができますよ。

キックボクシングの始め方



つづいてジムの始め方に

ついてお伝えしていきます。

ジムの選び方


まずはネットで探すのが

手っ取り早いです。

①場所


こちらは駅近、あるいは駐車場完備

のところがあるか探しましょう。

アクセスがわるいと通う

ことがストレスなります。

通いつづけるのであれば

アクセスのよいことが必須条件です。



②ジムのコンセプト、外観、設備


めぼしい場所をみつけたら、

つづいてジムのコンセプト

を確認しましょう。



どのような人を対象に

どんなメニューがあるのか、

どんな思いでジムを立ち上げたのか、

こちらはあなたのお好みに

合わせて探せばよいと思います。



筆者は基本は教えてもらい

あとは自分の世界にはいって

もくもくと運動したかったので

自由な感じでできるところを

探していました。



もちろん教えてほしいことがあれば

その都度教えてくれます。



つぎに外観や設備も大事です。

外観はきれいに越した

ことはないですが、

物件の都合で

少々さびれている感がいなめない

ところもあるかもしれません。



重要なのは設備の状態です。

これはもろに経営状態が

わかってしまいます。



まずはネットで

ある程度確認できればOK。

チャックポイント

としてはつぎのとおりです。

ジムのコンセプト、外観、設備のチェックポイント
  • 掃除が行き届いており、清潔感があるか
  • シャワーやロッカールームも完備しているか
  • サンドバッグやグローブ等の用具が適切にメンテナンスされているか
  • グローブ等の用具の貸し出しはあるか
  • 筋トレ用の設備はあるか

清潔感があるかどうかが

目安になります。

お世辞にも、・・・という場合は

控えたほうが良いと思います。


③料金プラン、用具類の費用


こちらは地域や立地等の

兼ね合いもあり

ピンキリだと思いますが、

さまざまな料金プランがあります。



月謝制だったり、

回数や時間帯で決めていたり、

トレーニングメニューで

決めていたりとさまざまです。



一般的に男性と女性で

料金が異なることが多いようです。



ざっくりですが、

男性の場合¥10,000/月くらいが

目安ではないかと思います。



筆者は¥10,000/月(税抜き)

で通ってます。



またキックボクシングに

必要な専用用具類ですが、

無料で貸し出しが

可能であればそれでも良いでしょう。



ただやはり自分のからだに

馴染んだ方が使いやすいので

購入することをおすすめします。



各用具の目安価格と

トータル費用はつぎのとおりです。


用具 目安価格(¥) 必要度
バンテージ 2,000 必須
グローブ 9,000 強く推奨
レガース 5,000 必要に応じて
ファールカップ 2,000 必要に応じて
マウスピース 5,000 対人練習する場合は必須
22,000


バンテージは衛生面の

観点から購入は必須です。

グローブは自分専用のものを用意する

ことをおすすめします。

それ以外の用具は

対人練習もしたい場合は必要ですが、

貸出てくれたりもします。

もちろんマウスピースは

自分専用のものですよ。



サンドバッグとミットうちだけ

であれば不要です。



専用の用具類の

初期費用としては

バンテージとグローブで

まず¥10,000~¥15,000も

用意すれば十分です。



VENUM(ヴェヌム)で揃えれば

かっこよく仕上げられます!


④実際に見学する(重要!!)、可能であれば体験も。


基本的にメールや電話で

問い合わせをすれば

見学の対応をしてくれます。


この見学が一番重要です。



なぜなら、

つぎのことが確認できるからです。


見学でわかること、チェックすべきこと
  • 経営者やジム会員の人柄がわかる
  • ネットではわからなかった本来の雰囲気や清潔感、設備の充実度がわかる
  • 運動のしやすい広さがあるかわかる
  • その場で直接質問できる(初心者のサポート体制、安全体制、服装等)


この時点で

疑問も解消されて気に入れば、

できれば体験の申し込み、

あるいはもう入会を決めても良いでしょう。




なお特にジムの方々の人柄は

超重要です。

でも安心してください。


格闘技ジムは怖い

というイメージがありますが、

もうそれは昔の話です。

(今の時代イメージがわるいと
経営も成り立たないので、
ジムはこの点を
ものすごく重視します)



筆者は他のジムの方々とも

接したことがありますが、



みなさん礼儀正しく、

接していて気持ちいい

人たちばかりです。

通う頻度、時間


ジムが決まったら

通う頻度と通う時間帯です。

目安としてはつぎのとおりです。


通う頻度とその時間帯の目安
  • 頻度としては週2~3回
  • 運動時間は1時間以上
  • 通う時間帯は平日なら仕事終わり、休日ならお好みで

モチベーションを保てる

無理のない範囲で

通いつづけられることと、

仕事と家庭との両立

ができればOKです。


コロナ対策の確認


こちらはもうきっても

きれない関係ですね。



ですので、

見学の際にいっしょに確認しましょう。



ジムも経営していかなくては

いけないので

つぎのような対策を

実施しているはずです。


コロナ対策の確認
  • 人数制限
  • 時間帯の変更
  • パーソナルレッスンの導入
  • 検温の実施
  • マスクの着用
  • 消毒の徹底



入会したあかつきには

決められたルールに従い、

無理なく楽しく運動しましょう。


まとめ



筆者の通っているジムには

60代後半で未経験で始めた方が

いらっしゃいます。



つづけた成果として、

健康診断の結果が

改善されたとのことです。


みてると

きれいに痩せていくのが

よくわかるんですよね。




コロナの状況で

まだまだ大変な時期ですが、



だからといってやりたいことを

あきらめるのでなく、

ここら何ができるか考えましょう。



じっとして消耗するのは

もったいない!



今から用具をそろえて

キックボクシングで

健康維持に取り組みましょう!



いかがでしたでしょうか?

すこしでもお役に立てれば幸いです!

最後まで読んでくれてありがとうございました!

この記事が気に入ったら応援、フォローしよう ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめの記事